痛みの診断|院長と技工士の技術連携をインタビュー形式でご紹介致します。

歯科医と技工士による技術連携

技工士 歯科医

痛みを和らげて“待つ”

痛みを和らげて“待つ”

まず患者さんに痛みを和らげる処置を行い、しっかりと検査・診断を行ったうえで最適な治療を施しています。痛いから神経を抜くというのは、一時的な治療にすぎません。

また、痛みの原因によっては神経を抜かなくても完治する場合もあるのです。痛みの原因をきちんと見極めるため、和田歯科医院では、虫歯で来院した患者さんに対して、応急処置行い、痛みが和らいだところでじっくりと診断します。

中には単に虫歯というわけではなく、歯の周りの歯周炎も原因となっているケースも多いのです。こうした患者さんに対して一般的な虫歯治療を行っても、完全に痛みを消し去ることにはならないのです。

神経のない歯は枯れ木と同じ

たしかに虫歯で神経を取らざるを得ないケースもありますが、残せるものなら残しておくべきです。神経のない歯は“枯れ木”と似ています。痛みを抑えるためだからといってすぐに神経を抜いてしまっては、歯そのものがもろく、折れやすくなってしまいます。
和田歯科医院では、20年以上前からこの治療法を導入しており、最近では歯科用CTを痛みの診断に活用し、患者さんの歯を末長く持たせることを第一と考えております。

3Mix-MP法(スリーミックスエムピー法)とは?

3Mix-MP法(スリーミックスエムピー法)とは?

当医院ではできるだけ歯の神経を抜かないために、3Mix-MP法(スリーミックスエムピー法)を導入しております。この治療法は病巣を3種類の抗菌剤を使用して無菌化するものです。

歯の生きる力を活性させることで、組織修復を促します。なるべく歯の神経を抜かずに残す歯内治療として、たいへん革命的な治療法です。

従来の虫歯治療はまず悪い部分を削りとる方法です。神経が残っている状態で、歯に細菌さえいなくなれば、虫歯部分は、復元(再石灰化)することもあります。つまり、3Mix-MP法は人体の自然治癒力で虫歯を治して行く方法といえます。保険適用外ではありますが、薬剤費はとても安価です。

また、治療が短期間(基本的に1回)のため、費用的には何度も通う必要がある通常の虫歯治療と同じ程度になります。是非お気軽にご相談ください。